GAME OF QUEENS なるカードゲーム(翻訳)

なんか聞いたことあるドラマのタイトルみたいなカードゲーム。
せっかくなので、連載にして付属の解説書にある各クイーンの紹介文を翻訳しようと思います。
※記事末のカテゴリーで連載用タグ作りました
今回はゲーム概要の翻訳。

Twitterで見かけてからドラァグ熱も高まっている最中 調べてみるとAmazonで売っている!
(その方は海外土産でもらったとのこと)
しかも1700円くらい。即ポチ。


とにかくイラストがおしゃれ。箱もおしゃれ。カード表(裏?)の柄も可愛い。鎮座するダクトテープ(笑)
ダクトテープは”タック”するとき、すなわち股間を隠す時に使うみたい。

ドラァグカードレースと書いてある位だからレース出身者だけかと思ったら違うみたい。
多分ドラァグ界のレジェンドたち。正直ほとんど知らない。紹介文翻訳したら謎が解けるかな。


では 説明書1P目ゲームの遊び方についての説明を翻訳 ※素人翻訳なので誤訳もあるかも

「ゲーム・オブ・クイーンズ
ハンドバックを構えて…

あなたは何人ものドラァグクイーンたちとプレイすることができます。
ドラァグ・ラヴァーズや、ただ単にドラァグに好奇心がある人でも。

カードをシャッフルしたら平等にプレイヤーたちに配り、確実に裏返しておきます。
各プレイヤーはカードを表向きに重ねて一つにします。
なので、見ることができるのは一番上のカードのみです。

コインを投げるかラインストーンを投げ(それかサイコロを投げる)誰が最初か決めます。
注※ドラァグギャグです!

最初のプレイヤーは自分の一枚目のカードからカテゴリーを選び(例:シェイド/98)読み上げます。

そしたら他のプレイヤーは、各自の一枚目のカードの同じカテゴリーの数値(バリュー)を読み上げます。
最も数値が高かったプレイヤーが勝者となり、すべてのカードは勝者の手札の一番下に回収されます。
勝者となったプレイヤーのターンとなり、次のカードからカテゴリーを選んでいきます。

もし最大の数値が一枚以上あった場合(数値が同じだった場合)、
各プレイヤーのカードはサークルの中央に置き、
再度同じプレイヤーが次のトップのカードからカテゴリーを選びます。
勝者はほかのプレイヤーのカードと共に、そのサークルに置かれたカードも取ります。

勝者は最後に最もカードが多かったプレイヤーです。」




コメントする