ドラマ POSE 紹介 挿入歌 Home 翻訳

2018年に公開されたドラマPOSE 
ドラァグレースの元ネタ、ニューヨークのボールを舞台にゲイコミュニティを描いたドラマ。
つい最近シーズン2が始まりましたね‼

ドラマとして面白いのはもちろん、この当時のNYのLGBTQコミュニティに関して(フィクションにしろ)
かなり空気感を感じられる作りになっています。
なので、そのあたりの歴史を学べるかなり勉強にもなるドラマです。
個人的にはそのまま教材にもできるのでは?と思うほど。
主要キャストのトランスジェンダー役にトランスジェンダーの俳優を起用していることでも話題ですね。
ドラァグレースにハマった人には超おすすめです。

大本ネタのドキュメンタリー「パリ、夜は眠らない」もいつか紹介したいです。
このドラマの制作のベースおよびリスペクトをビンビン感じるので こちらもかなーりオススメです。

解説は公式サイト以上に完璧なものはないと思うので見てみてください。
https://tv.foxjapan.com/fox/program/index/prgm_id/21709

キャストについてはこちらのブログがとてもよく纏まっています
https://morisee.xyz/dorama-pose-cast-kako-sakuhin/

今回はネタバレなしで感想はこの辺にしておきます。
本題は素晴らしい挿入歌。和訳してみました。
主演のブランカー MJロドリゲス(MJ Rodriguez)とプレイ・テルー ビリー・ポーター(Billy Porter)
がとあるシーンでデュエットするオリジナル曲。
これがとても良くて。魅入ってしまいました。
まちがいなくシーズン1のハイライトシーンの一つ。

MJロドリゲス(MJ Rodriguez)
このドラマで初めて知った俳優だけど、キュートさに目が離せない。
シリアスなシーンが多いけど、繊細なのに強い雰囲気が絶妙‼



ビリー・ポーター(Billy Porter)
メットガラなどでのジェンダーレスな派手派手なルックで話題ですよね。



本編の歌唱シーンは載せられませんが、
ショーで歌ったバージョンがオフィシャルアカウントにありましたので貼ります。



ということで和訳してみました。※素人訳のため誤訳の可能性あり
また、本編ではきちんと和訳が出てきますが書き起こしではなくオリジナルです。
本編をご覧の際はきちんとあっていたか確認してみてください(?)
このドラマのテーマそのもののような素晴らしい曲です。

英語版の歌詞引用はこちらのブログから
https://abagond.wordpress.com/2018/07/15/mj-rodriguez-ft-billy-porter-home/


Home 和訳

家について思う時、場所を思う
そこは愛があふれている場所
家にいたかった、そこに戻りたかった
知っているものと一緒に

風は高い草を曲げ傾けさせる
突然降る雨には意味がある
そこにぱらぱらと降リ注ぐ
全てを綺麗に洗い流す

もしかしたら戻るチャンスがあるかもしれない
今いくつかの道筋がある
家に帰れたらいいな
愛と優しさがある場所

時間に遅く過ぎてと説得できるかもしれない
人生に大人になる時間を与えて
時が友人であってほしい
そしてもう一度はじめさせて

突然 世界は消えてその顔を変えた
でもまだどこに向かっているか知っている
心は宇宙でぐるぐる回っていた
それから まだ心が成長しているのを見ている

そして ああ あなたが聞いているならば 神よ 難しくしないで
私たちが目にするものを信じるべきか知ること
教えて 逃げ出すべきか 挑戦し留まるべきか
それとも ただあるがままに委ねるのがいいのか

この真新しい世界で生きること
幻想かもしれない
でもそれは愛することを私に教えた
それはとてもリアルで リアルで リアルで

だから私たちは見つめなければならないということを
心の中で見つけるために
愛でいっぱいに満たされた世界を
あなたの世界のように 私の世界のように

家のように

コメントする