GAME OF QUEENS 翻訳人物紹介14■ ピーチズ・キリスト/ペッパー・ラベイヤ

またまた更新まで間が空いてしまいました…ドラァグクィーンの説明書を翻訳(誤訳の可能性あり)していくシリーズ

Peaches Christ/ピーチズ・キリスト

ピーチズは多数のステージショーのクリエイター、そして才能ある映像作家として愛されているサンフランシスコのクイーンです。 器用にカルトムービーから引用されている、全くのオリジナル作品はあなたをノスタルジックにさせるとともに、すがすがしい新しさを同時に感じさせるでしょう。

ピーチズは劇団をベースとした才能あるクイーンで、業界の多くのクイーンから崇められています。この理由と彼女の洒落のきいたユーモアから、パフォーマンとコメディのカテゴリーでスコアが高くなります。
(注※英語版wiki)

Pepper Labeija/ペッパー・ラベイヤ

30年以上に渡りハウス・オブ・ラベイヤのマザーとして、ペッパーはボール・シーンハーレムの象徴として愛されていました。
彼女の特徴のあるランウェイウォークとクチュールのルックで、ドラァグ界とファッション産業の両方で評判を手に入れました。

ペッパーのスコアは「レジェンド要素」と「ルック」で高く、 サブカルチャーそしてファッション業界 そのどちらの要素でも今日まで参照されています。
(注※英語版wiki
「パリ、夜は眠らない」への出演で有名ですね。Wikiより引用
『彼女のキャリアの過程で、彼女は約250のトロフィーを獲得しました。』
『 LaBeijaは「ハーレムドラッグボールの最後の残りの女王」として知られていました。 』2003年まで存命だったんですね。まさにレジェンド。)

コメントする